知らなきゃ損!睡眠薬は市販と通販で効果が違います

知らなきゃ損!睡眠薬は市販と通販で効果が違います

不眠症状が続き、日中の活動に支障が出てきてしまうと、心身共に大きなストレスとなってしまいますね。そんな時、睡眠薬は不眠症状改善に大きく役立ちます。
睡眠薬を購入できる場所といえば、病院や通販、あるいはドラッグストアなどを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし購入場所によって睡眠薬の効果は異なります。
当然、病院で処方される薬は効果が高いのは誰もが知っていますが、なかには病院以外で購入したいと考える人も少なくありません。

効果の高い薬を買うためには、通販あるいは市販で購入できる睡眠薬の違いを知っておいた方が良いでしょう。

睡眠薬は睡眠改善薬・睡眠導入剤に分かれています

睡眠薬は睡眠改善薬・睡眠導入剤に分かれています

医療用医薬品(病院) 処方箋薬  海外製は個人輸入可能!
OTC医薬品
ドラッグストアで購入可能な薬
要指導医薬品(ネット販売不可)
アレルギー薬・解熱鎮痛剤など
第一類医薬品(ネット販売可)
解熱鎮痛剤、毛発剤など
第二類医薬品(ネット販売可)
睡眠改善薬、かぜ薬など
第三類医薬品(ネット販売可)
整腸剤、ビタミン剤など

ドラッグストアや薬局で購入できる睡眠薬はドリエルなどが有名ですね。
しかし厳密にいうと、市販で購入できるものは睡眠薬ではなく、睡眠改善薬に分類されます。

睡眠改善薬は第2医薬品であるため、ネットでも購入が可能です。
病院で処方される睡眠薬は医療用医薬品であるため、服用を希望する場合は医師の処方箋が必要です。

しかし、海外製の医療用医薬品であれば個人輸入サイトを利用して通販する事が認められています。

市販の睡眠改善薬は効果あるの!?

市販で購入できる薬は、万人に向けて作られているため、効果に関しても個人差が激しいです。
効果と副作用は裏表一体。効き目が強い薬は副作用のリスクも高くなります。
自己判断で服用できる市販薬は効き目が緩やかであるかわりに、副作用の心配もほとんどないのが特徴です。
睡眠改善薬は、カゼ薬などに含まれる抗ヒスタミンの作用によって眠気を引き起こします。
一時的な不眠症状の緩和が目的で、不眠症が慢性化している、重度の不眠症であった場合は効果が実感しづらいでしょう。

海外製処方薬の効果

海外製の処方薬は、日本で処方される睡眠薬ルネスタのジェネリックなどが豊富です。
有効成分が同じであるので、同様の睡眠導入効果があります。
脳や自律神経に直接作用し、不眠の原因である緊張や興奮、ストレスを抑えて心身をリラックスさせ、強制的に眠気を引き起こさせます。
一昔前の睡眠薬に比べて、副作用が少なくなり比較的安全に使用できるようになっていますが、過剰摂取や長期使用などで副作用や依存のリスクもあるので注意が必要です。

市販薬クラスがオススメな人

ドリエルといった市販薬クラスの睡眠薬は、基本的に誰でも安全に使用が可能です。
このタイプがオススメなのは以下の通り。

 

・ごくたまに眠れない時がある
・副作用リスクが低い薬を使いたい
・いきなり処方薬を飲むのは不安

不眠症状が軽度で、処方薬に対して不安感がある人は、市販薬クラスを試してみるのをオススメします。

処方薬クラスがオススメな人の特徴

ルネスタなどの処方薬クラスがオススメなのは、以下の項目に当てはまる人です。

 

・夜なかなか寝付けない日がずっと続いている
・寝不足によって、日中の活動に影響が出てしまっている
・市販薬では効果がでなかった

不眠症の症状が進んでいて、心身ともに大きなストレスを感じている場合は処方薬クラスをオススメします。

処方薬クラスが欲しい人は、通販の購入方法手順をチェック

処方薬クラスが欲しい人は、通販の購入方法手順をチェック

処方薬クラスを通販するには個人輸入サイトが便利です。
購入までの手順は一般的な通販サイトととくに変わりはありません。

①個人輸入サイトから睡眠薬を検索

②商品ページをチェックし、どの商品を買うの検討する

③欲しい薬が見つかったら、希望の数量を決めカートへ入れる

~購入画面へ~

④届先の情報(住所、氏名、電話番号など)を記入

⑤支払い方法を選び、決済する

完了!薬が届くまで待ちます。

このように、簡単に購入する事ができます。

通販を利用する場合は、合わせてこの記事もお読みください。
睡眠薬の通販はホントに安全?購入時のルールや注意点は?

不眠症が進み、効果の高い睡眠薬が欲しい人は通販の利用も考えてみましょう。