不眠症って何?睡眠障害の原因や症状を徹底解説します

・夜になっても眠気が訪れず、やっと眠くなったと思えばもう朝方
・夜中に何度も目が覚めてしまう
・ぐっすり寝れた気がしない

このような睡眠に関する悩みを抱えている人は要注意。
眠りの質が低下すると健康的な体を維持することが困難になり、日常生活に影響が出てしまうことも…。

不眠症は早めの対策・改善が肝心ですが、そのためにはまず原因や症状について知ることが大切です。

この記事で紹介していること
✔不眠症の4つの症状
✔眠れなくなる原因
✔不眠症を改善する方法

不眠症に関する知識をつけることで改善策も見えてくるため、ぜひ最後までご覧ください。

不眠症ってどんな病気?4タイプある症状を知ろう

不眠症の症状とは
睡眠時無呼吸症候群や過眠症など、眠りに関する障害を総称して睡眠障害と言います。
その中の1つが不眠症です。

日本生活習慣病予防協会によると、5人に1人が発症していると考えられています。決して低い割合ではありません。

眠れない=不眠症だと考えている方も多いのですが、いくつかの条件が揃って初めて発症が疑えます。

【不眠症の診断基準】
①不眠の症状が長期間続いている
②眠れる環境は整っているのに症状がある
③下記のいずれかの日中障害に少なくとも1つは当てはまる
・倦怠感がある
・注意力や集中力や記憶力が低下している
・気分障害や焦燥感がある
・日中の眠気が取れない
・やる気や活気が低下している
・業務中や運転中にミスがある、ミスしそうになる
・睡眠に関して不安がある」

簡単にまとめると、不眠によって体調に影響が及んでいる状態が不眠症だということです。

また、不眠症は4つのタイプに分類され、それぞれ症状が異なります。

入眠障害

入眠障害とは
入眠障害は寝付きが悪くなる症状が特徴的です。
寝なければいけない時間になっても眠気が来ず、そのままの状態がしばらく続いてしまいます。

健康体であれば寝床に入ってから30分程度で眠れるものですが、入眠障害の場合2時間以上もかかるとされています。

結果的に睡眠時間が減り、慢性的な睡眠不足に陥りがちです。

中途覚醒

中途覚醒とは
夜中にふと目が覚めるのは決して珍しいことではありませんが、中途覚醒は何度も目が覚め、安定した睡眠時間を設けられない状態を指します。

騒音などの問題はないのに何度も起きてしまうのであれば、中途覚醒の疑いがあります。

早朝覚醒

早朝覚醒とは
早朝覚醒とは起床予定時刻の2時間以上前に起きてしまうことです。
目が覚めてからは二度寝できないという特徴があります。

精神疾患(うつ病など)の症状の1つとしても知られているため、早朝覚醒に心当たりがある場合は詳しい検査を受けることも検討しましょう。

熟眠障害

熟眠障害とは
睡眠時間は足りているのに疲労や眠気が取れない場合、熟眠障害に該当します。
これは睡眠の質が低い(睡眠が浅い)ことで脳が休まっていない状態です。

不眠症だけでなく過眠症(いくら寝ても一日中眠気が続く)の診断を受けることもあります。

眠れなくなる原因は様々

不眠症を発症するタイミングや年齢などは人それぞれ。多くの原因が考えられます。
主な原因としては以下の5つが挙げられるでしょう。

心の問題 不安、ストレス、悩み、イライラ、緊張 など
体の問題 加齢、疾患による痛みや不快感 など
環境によるもの 気温、湿度、騒音、明るさ など
生活習慣 昼夜逆転、運動不足、食生活の乱れ など
薬(成分)の影響 薬の副作用、ニコチン、アルコール、カフェイン など

誰でも不眠症になる可能性がある

上記で述べた原因はとても身近なもので、生活の中で誰もが経験する機会があります。

つまり不眠症は特別な病気ではなく、誰でも発症する可能性があるということです。

眠れなくなると、その不安やストレスから症状がさらに悪化してしまいます。そうなれば治療はより困難になるでしょう。

症状に少しでも心当たりがあるなら、他人事だと思わずにすぐ改善を目指すことが大切です。

不眠症の改善に効果的な方法は?

不眠症の改善法
睡眠の質を高める方法として最も重要なのは、生活習慣を改めることです。

・ストレスを溜めない
・適度な運動を心がける
・バランスの良い食事を摂る
・就寝時間や起床時間のリズムを正す

など、生活の一部を改善することで症状が改善される可能性があります。

しかしすでに症状が進んでしまっている場合、とにかく十分な睡眠時間を設けなければいけません
脳や体を休めて健康を取り戻すためにも、まずは眠ることが重要になります。

そこで役立つのが睡眠薬なのです。

通販で買える睡眠薬が便利

睡眠薬は有効成分の働きによって眠気を促します。不眠の症状改善には最適な存在です。

病院だけではなく通販(個人輸入)でも購入できるため、最近では睡眠薬をネット購入する人も増えています。

もちろん睡眠薬だけに頼るのではなく、生活習慣の改善も大切です。
健康的な睡眠を取り戻す1つの方法として睡眠薬を取り入れるといいでしょう。