絶対ダメ!睡眠薬とアルコールの危険な相互作用

絶対ダメ!睡眠薬とアルコールの危険な相互作用

お酒を飲む習慣がある人が睡眠薬を使用する場合、薬を飲む前後で飲酒をしてもいいのか?と疑問を抱くと思います。
アルコールを摂ると寝付きがよくなるため、寝酒が習慣にある人もいるのではないでしょうか?
睡眠薬とお酒を一緒に摂取して、さらに睡眠効果が上がるのではと考えるのはNG。
睡眠薬とアルコールの危険な関係性について説明していきたいと思います。

そもそもお酒には本当に睡眠作用があるのか?

そもそもお酒には本当に睡眠作用があるのか?

適度なアルコールはリラックス効果があり、寝つきを良くしてくれます。しかし実際には入眠を促すだけで、睡眠の質としては悪くなります。
睡眠サイクルのレム睡眠(深い眠り)ノンレム睡眠(浅い眠り)は飲酒量によって出現のサイクルが乱れ、お酒の量によってはレム睡眠が抑制されてしまうのです。
飲酒によって始めは寝つきが良くなりますが、結果的には眠りが浅い状態を引き起こし、脳がきちんと休まりません。睡眠はとったのに寝た気がしない、起きても身体がなんだかダルいといった状態を引き起こしやすくなります。

アルコールが入った状態で睡眠薬を飲むとどうなる?

基本的に薬を服用する前後での飲酒はよくないです。それは睡眠薬もしかり。
アルコールが入った状態で睡眠薬を飲むと以下のリスクが高まります。

奇異な行動、おかしな言動
脳の活動が抑えられ、抑制がきかなくなります。突飛な行動に走ったり、会話も支離滅裂に。
呼吸抑制
睡眠薬の筋弛緩作用により舌の筋肉も麻痺します。睡眠時無呼吸症候群を併発しやすいでしょう。
ふらつき
筋弛緩作用によってふらつきのリスクも。ふらつきで恐ろしいのは転倒によるケガです。
頭を強くうち、最悪後遺症が残る可能性もあります。
記憶の喪失
服用直後の出来事を忘れてしまう健忘の症状が強く現れやすくなります。

お酒×睡眠薬は副作用を強めるだけ!

睡眠薬は脳の機能を低下させて、脳の興奮や緊張を抑える働きがあります。アルコールも同様、脳の緊張を抑える作用があるため、この二つを合わせると薬の作用が増強され、上で説明している副作用のリスクが高まってしまうのです。

薬の成分は肝臓によって分解されますが、アルコールと同時に睡眠薬の成分が体内に入ると、アルコールの分解が優先されます。そのため薬の成分が長時間体内に残り、薬の効き目が普通以上に強く現れてしまいます。

昏睡状態を招く可能性あり

「薬の効き目が普通以上に現れるんだったら、もっとぐっすり眠れるようになるのでは?」というのは大きな感違いです。
ぐっすり眠れるどころが、昏睡状態となる恐れがあり、薬による後遺症が残ったり、最悪命の危険にも繋がりな寝ません。

アルコールと睡眠薬の併用は厳禁です

アルコールが入った状態で睡眠薬を飲むとどうなる?

睡眠薬を飲む予定がある場合は、アルコールの摂取は避けましょう。
お酒を飲んだ後もアルコールの成分が抜けきるまでは睡眠薬は飲まないほうがよいです。
アルコールが体内から排出されるまでの目安時間は以下の通りになります

体重 ビール1缶350ml ワイン1杯120ml 日本酒1合180ml
50kg 2時間48分 2時間19分 4時間20分
60kg 2時間20分 1時間56分 3時間36分
70kg 2時間 1時間39分 3時間6分

睡眠薬を安全に使用するために、アルコールとの関係性は十分に理解しておきましょう。